Monolog

夢も希望もない世界

手柄泥棒秘技「俺が俺が」

声高にノイジーマイノリティーが叫ぶ。「僕がしました」「僕が成功させました」「僕の成果です」普通の大人は恥ずかしくて言えない。みんなで協力してチームで行ったことを一人の手柄にするなんて。自力ではできないくせに。驚くというか失笑する。呆れてものが言えないから、一切の関わりを絶つ。バカの相手はしてられない。1日は等しく24時間しかない。バカで消耗できない。私は私のために、生きて行く。